column

『星の町』中頓別

空気が澄んでおり、光害も少ない中頓別町。どこからでもたくさんの星が観察できますが、おすすめはちょっと町はずれの静かな場所。町の明かりの影響を受けない場所では、星のドームで覆われているかと錯覚するほどの星を眺めることができます。
星がきれいに見える時期は空気が乾燥している秋~冬。さらに言えば月の光も星空観察の妨げになってしまうので、新月や新月前後の三日月の夜がおすすめ。静かに、そしてゆったりとした気分で夜をお楽しみください。
※熊などの野生動物の出没にご注意ください。

まだ記事がありません

『釣りの名所』中頓別

頓別川の周辺には豊かな森林が広がっており、いわゆる「緑のダム」を形成しています。この緑のダムがあるおかげで川の年間水量は比較的安定しており、サケ・マスの遡上に役立っています。また水生生物の餌となる落葉が豊富なことから、それらを餌とする川魚が自然と集まる環境にあります。
上流は川沿いに林道が伸びていることもあり、釣り人は多め。釣れる魚としては、ヤマベやイワナ、ウグイの魚影が濃いですが、ヤツメウナギやニジマスも稀に見られるよう。
※5月1日~6月30日は宗谷管内全河川でヤマベの採捕禁止になっています。
※河口から上流の河川内でのサケ・マス釣りはすべて禁止ですので、ご注意願います。
(ここで示す「マス」とは、北海道内水面漁業調整規則で禁止されている次の魚種です。
→サクラマス・カラフトマス・ベニマス・ギンマス・マスノスケ)

まだ記事がありません

『山に囲まれた町』中頓別

中頓別町の中央部には町のシンボルとなっている敏音知岳(704m)がそびえ、そのわきには松音知岳(522m)、そして北東に珠分岳(716m)、ホロヌプリ山(838m)、西側には知駒岳(532m)、パンケ山(631m)とペンケ山(716m)と、山に囲まれた山間地域です。
かつては造材のために山に分け入っていた歴史がありますが、今は登山やハイキング、冬にはバックカントリーのスキーヤーが訪れるなど、山の遊びを楽しむ人たちが集う場となっています。
※熊などの野生動物の出没にご注意ください。

砂金の町中頓別

View more